おすすめダイエット食、アンチエイジング、置き換えダイエット食

減量中の食事とたんぱく質

減量中の食事を考える時、忘れてならないのがたんぱく質です。

よくダイエットを始めたのに、なかなか痩せないという人がいます。

食事から取り入れるカロリー量が減っため、体が少ないカロリー量に順応するために代謝をセーブして省エネ状態にあるため、痩せづらくなることがあります。

体温や内臓機能を維持するために、どうしても必要とするカロリー量を基礎代謝といいます。

何らかの理由でカロリー補給量が低下すると、体は基礎代謝量を減らします。

少ないカロリーで長く生きていけるよう、エネルギー消費量を減らそうとします。

取り込まれた新たなエネルギーは最大限吸収し、脂肪として取り込んでおこうとします。

カロリー摂取量を減らしても期待通りに痩せることができないのは、減らしたカロリーをできるだけ貯め込み、使わない身体になってしまうためです。

身体を省エネ状態にしないためには、たんぱく質がポイントです。

減量中の食事を考えるならば、筋力トレーニングなども取り入れ、筋肉をつける事も痩せる体を作る為には必要な事です。

筋肉量が増えることで基礎代謝がアップし、ダイエットの効率が良くなります。

筋肉を増やすには、筋肉を作るためのたんぱく質を食事から補給する必要があります。

食事を見直す場合、肉類や油を使った料理をできるだけ控えなければいけないと思っている方もいるようです。

減量を考えるならば、適度に肉類をたべて、たんぱく質を取り入れて、健康的に痩せるようにしたいものです。