おすすめダイエット食、アンチエイジング、置き換えダイエット食

リバウンドをしないコツ

リバウンドをしないダイエットでの食事制限はあるでしょうか。

人間の体は、カロリーの消費量が少ない状態がしばらく続くと、体がその状況に順応します。

体を維持するために使うカロリーを徐々に少なくします。

ダイエットをしていると、体重の減少が鈍る停滞期になるものですが、これは食事制限に体が順応してきた証です。

従来通りのダイエットをしていても体重が期待するほど減少せず、何かのきっかけで増加しやすい厄介な期間です。

リバウンドが起きやすい、注意すべき期間です。

好みの食事をこらえるといった食事制限は、精神的な負荷も大きくなります。

停滞期中のダイエットは、ストレスがかかる上に体重が思うように減らないため、モチベーションが低下しやすいといいます。

停滞期中にダイエットを中止することが、リバウンドの原因になりがちです。食事制限に適応した体は、カロリーを消費せず貯め込みやすい体質になっています。

その状態でダイエット前の食事を摂ると、大量のカロリーが使いきれずに残ります。

食事制限をする前は体重に影響のないエネルギー量でも、ダイエットをした後ではリバウンドの原因になってしまいます。

どんなに体重を減らすことができていても、リバウンドで以前の体重に戻ってしまったという話はたくさんあります。代謝を増やすことがリバウンド対策になります。

カロリー制限だけでもある程度は減量が可能ですが、リバウンドを防ぐためには食事制限と並行して体を動かして脂肪を燃やすことです。