おすすめダイエット食、アンチエイジング、置き換えダイエット食

リバウンドしやすい食事制限

食事制限を中心にダイエットを経験したことのある人は、リバウンドも経験していることが多いようです。

食事制限のやり方や、食事量も戻し方とも密接に関わっています。

本来ダイエットとは、自分の健康を維持するために、増えすぎた体重を減らすというものです。

太るということは食生活や日頃の生活習慣などによって起こっていることです。太る要因の面からいかにうまくダイエットを進めていくか考える必要があります。

カロリーの摂取量が多いと体重が増えるのは、摂取したカロリーを生命維持や日中の活動で使いきれないためです。

残ったエネルギーは脂肪という形で体内に貯め込まれます。

体重が増加するのは、脂肪が蓄積されるためです。このため、食事制限を行うことで消費カロリー量を摂取カロリー量より多い状態にします。

食事制限によってカロリー制限を行うという考え方は理に叶っています。

ただし、人間はカロリー補給が少ない状態が続くと、生命維持のために少ないカロリーで生きていける体に自らをつくりかえます。

そのため、食事制限を続けているとやがて体が馴染んできて、ダイエットの停滞期になります。

停滞期が、リバウンドの温床になります。停滞期に入っている最中にダイエットをやめると、急激なリバウンドが起きます。

無理な食事制限を中心にしたダイエットはリバウンドを起こしやすいダイエットとも言えます。