おすすめダイエット食、アンチエイジング、置き換えダイエット食

ダイエット食

効果的に体重を落とせるダイエット食レシピの工夫

ダイエットに励んでいる方は大勢いらっしゃいます。特に、春から夏にかけては薄着の季節になるため体のラインも強調されがちですのでダイエットを行う方が増加する傾向にあります。
効果的に体重を落とすためにはダイエットの仕組みを理解することが大切です。

体重が落ちる原理をよく理解したうえでダイエットを行わなければ中々理想体重まで体重を落とすことは出来ないものです。

効果的にダイエットを行うためには先ず自分の一日の消費カロリーを正確に把握することが必要となります。自分の一日の活動量を念頭に置き、性別や年齢などの情報を元におおよその消費カロリーを計算することが可能です。

年齢が若く活動量が大きければ一日の消費カロリーは多くなります。又、反対に高齢で活動量が小さな場合は一日の消費カロリーが少なくなります。

これらの情報を元に自分の生活に必要な一日の摂取カロリーの値を算出し把握することが大切なのです。

ダイエットを行う場合はこの摂取カロリーが消費カロリーを上回る事が無いようにすれば体重を落とすことが可能です。

効果的なダイエットを行うには毎日の食生活の中での摂取カロリーをコントロールするために調理法を工夫する必要があります。
ここでは効果的に体重を落とすためのダイエットレシピの工夫についてお話致します。

先ず最初に、効果的なダイエットレシピの工夫として調味料の使用があります。サラダは代表的なダイエット時のメニューですがドレッシングやマヨネーズを使用する場合はこれらの油や脂肪分に注意が必要です。

ダイエットをしている時には出来るだけ調理油や脂肪分の摂取は避けるほうが良いとされています。それ故に、ダイエット時にはこれら調味料にも気を使い摂取カロリーをコントロールすることが大切となります。

次に、油を使用したレシピの油分カットを行うことによりダイエットに役立てる方法もあります。油を使用したてんぷらや揚げ物などを温めなおす時に電子レンジを使用する際キッチンペーパーを使用することで油分をカットすることが可能です。

てんぷらや揚げ物を電子レンジで温める時に下にキッチンペーパーを敷くことによりこれらの油分を吸い取り油分をカットできます。それ故に、これらの余分な油を摂取する必要が無くダイエットには効果的なのです。

そして最後に、ダイエットレシピでは味付けは薄くする必要があります。高カロリーなレシピは濃い味付けになってしまいます。日頃から薄味の調理法に慣れ低カロリーな食事を心掛けることが重要です。

このように体重を落とすためにはこのようなダイエットレシピの工夫が効果的です。

健康に配慮したダイエット食レシピ

近年、無理な食事制限による弊害が多発しています。拒食症や過食症はこれら食事制限による弊害の代表的なものです。これらの無理な食事制限による弊害は長期的なものになると心身共に大きなダメージを与えてしまう大変危険なものです。

ダイエットとは無理な食事制限を行い体重を落とすものではありません。ダイエットに必要な事は体重が落ちる仕組みを理解し、その知識を元に食事や運動を日々の生活の中に組み込む事です。

ダイエットに必要な知識として重要なのは一日の自分の消費カロリーの目安を知ることです。一日の消費カロリーの算出は自分の活動量、年齢、性別などで異なってきます。

年齢が若く活動量が多い方は消費カロリーは多くなります。高齢で活動量があまり無い方は消費するカロリーも少なくなります。このようにダイエットは自分の活動状況を把握し消費カロリーを算出する事が欠かせません。

そして一日の摂取カロリーがこの消費カロリーを上回る事がなければ体重を落とすことができるわけです。このように自分の消費カロリーを算出することによりダイエットは可能ですが、健康的に体重を落とすためにはダイエットレシピに配慮しなければなりません。

ここでは健康に配慮したダイエットレシピについてお話致します。先ず最初に、健康的なダイエットレシピに欠かせない事は5大栄養素をバランス良く取り入れることです。炭水化物は5大栄養素の中でも最も重要なものの一つです。

炭水化物はお米、パン、パスタなどの主食に含まれている栄養素です。炭水化物はエネルギーを作り出すのに必要な栄養素でダイエット時でも必要最低限度は摂取しなければなりません。次に、脂質があります。

過剰な脂質の摂取は肥満の原因となりますが、脂質には細胞やホルモンをつくる働きがある為にダイエット中でもある程度は摂取しなければなりません。そして5大栄養素の中でも重要なものにタンパク質があります。

タンパク質は人間の血液、筋肉、骨など身体を作るためには欠かせない栄養素です。ダイエット時でも適量は摂取しなければならない重要な栄養素です。そしてミネラルも大切な栄養素です。ミネラルは他の栄養素と結合し身体の機能を整える働きを担っています。

それ故に、ミネラルが不足することにより身体の機能を正常に保つことが出来なくなるために注意が必要です。そして最後に、ビタミンがあります。ビタミンの多くは体内で生成することの出来ない栄養素であるために食事から摂取しなければなりません。

ビタミンは身体の機能を正常にコントロールする働きがあるために積極的に摂取しましょう。このように健康的なダイエットではダイエットレシピに配慮しこれらの5大栄養素をバランス良く摂取する必要があります。

無理のなく自分に合わせたダイエット食レシピの考え方

ダイエットレシピを考えていく時にはどうしても栄養バランスなども必要になるのです。そのためにも自分に無理のないレシピは必要になるのです。勿論痩せるためのダイエットレシピでもあるためにカロリーなども気をつけて行く必要もあるのです。

ダイエットをしていく中では食事と運動を組み合わせる必要もあるのです。そのために運動をしてもカロリーを消費できるだけの食事での栄養摂取は必要にもなるのです。

カロリーの殆ど無い状態の食事をして更に激しい運動をしていてもさほど痩せる効果は期待できない統計もでているのです。無理のない栄養摂取は運動にも良い効果もあるのです。更にダイエットレシピでは運動していく中で脂肪を効率良く燃やして筋肉と変える食材も多くあるのです。

そのような栄養バランスも取れて更に運動もゆっくりと持久力を保ちながらこなしていく方法は効果もあるようです。そのことでもダイエットレシピでは持久力のある筋肉はダイエットには必要なことでもあることも分かるのです。

また運動と並行してダイエットをしていくために必要な栄養は確実に経口摂取していくことは必要にもなるのです。また量も適度に摂取することはストレスにもなりにくいのです。

ダイエットレシピを作成していく中で一番気になる点はストレスからの衝動です。そのためにいかにストレスを貯めずに確実にダイエットを成功させるかは重要な鍵ともなるのです。ダイエットでは食べたいものを我慢すると大きなストレスを感じる傾向もあるのです。

そのために好きなものは適度に摂取することは必要な事にもなるのです。その上で押さえるべきカロリーなどを気をつけながら食事をしていく必要もあるのです。ですがカロリーは運動や人が生きていく中では必要なものです。

運動や生活を考えたカロリーを決める必要もあるのです。更にカロリーは人の脳などの働きも動かすのです。食べないようにという司令は脳から送られるのです。そのために脳にカロリーなどの栄養が少ない時には衝動的に食べたいものを取りやすくなるという傾向も出て来るのです。

さらにカロリーは運動にも必要です。仕事や歩くなどの行動にも影響のない範囲にコントロールしていく必要もあるのです。そのようにダイエットレシピを考えて行く時には男女差もあることでもしっかりと調べてから自分の体調管理と主にダイエットをしていくと効果も上がるようです。そのようなダイエットレシピは必要にもなっていくようです。

ダイエットレシピを参考にして一工夫を

ダイエットレシピと言うものは、食べる量を減らすと言うよりも、如何にその料理をカロリーを抑えて作るかが問われるものです。そのため、ダイエットレシピには食材を選ぶ様々な工夫がされているものです。

ロールキャベツを作るにも、ベーコンは使わず、中に入れる挽肉を鶏肉にするなどの工夫をし、更に玉葱を炒めるときに使うサラダ油を排除させるため、直接挽肉に玉葱のみじん切りを入れるなどして工夫をこらしていきます。

完成したロールキャベツは、見た目にも普通のロールキャベツと同じものであり、食べて見ても十分味わいのある料理となるのです。

確かに、普通のロールキャベツと、ダイエットレシピとしてのロールキャベツを食べ比べすれば、普通のロールキャベツにはベーコンが巻かれていますし、スープにもベーコンの味わいが溶け込んでいる事からも旨みなどは違いがあるのですが、カロリー量を考えた場合、200キロカロリーという差が生じていれば、ダイエット中の人であれば、ダイエットレシピのロールキャベツに手が行くのです。

鶏肉も、その部位により脂があるか無いかなどでカロリー量は異なります。鶏肉には、ムネ肉、ささみ、モモ肉などがありますが、ムネ肉の場合100グラムあたり約190キロカロリーになります。

ささみ肉の場合は、100グラムあたり約110キロカロリーですから、ムネ肉とは約80キロカロリーもの差があります。更にモモ肉は、100グラムあたり約200キロカロリーという量となり、モモ肉は脂分が多い事からもカロリー量が高めになるのです。

もし、ロールキャベツの挽肉に牛肉や豚肉を使えばそれぞれ100グラムあたり224キロカロリーとなるので、鶏肉を使う場合よりもかなりの高カロリーとなってしまいます。

ダイエット中の人が目指す、1日の摂取カロリーは約1000キロカロリーだといわれていますが、ひき肉だけで1日の摂取カロリーをこれだけ使ってしまえばダイエットにもなりません。

少しでもカロリーが低い食材を使い、普通の食事と同じ様に食べれる工夫をしなければダイエットも長続きしませんし、途中でダイエットを辞めてしまえば、リバウンドという恐ろしい結果が待ち構えている事もあるのです。

食事は毎日摂るものですから、飽きるような料理では駄目で、工夫をしてこそダイエットも成功に導かれるわけです。インターネット上にはカロリーなどが掲載されているレシピ集が沢山あります。

中にはもう一工夫すればカロリーを抑える事が出来るレシピもあるのでそのようなレシピ集を参考にしていくのが良いのです。

お寿司のダイエットレシピ

お寿司はダイエット中でも安心して食べるとして、海外などでは人気がありますが、お寿司はダイエットレシピとしても注意しなければならないネタというものがあります。ダイエットレシピでは、食材にも注意をし、高カロリーの食材をなるべく控える工夫がされています。

例えば、肉を使う場合脂が多い食材を控え、脂がある場合はそこを落としてしまったりするわけです。また、ダイエットレシピではソースにも注意を払います。マヨネーズなどはカロリーが高いのでマヨネーズは極力使用を控えるなどし、料理全体のカロリーを抑えていくのです。

お寿司にも、種類によってはマヨネーズを使うものがあります。回転寿司店などでは、マヨネーズを使ったお寿司がとても人気であるため軍艦巻きとなるお寿司の大半はマヨネーズを使う事が多くなっています。

特に子供が喜ぶようなネタを使ったお寿司にはマヨネーズが多く使われているのです。確かに、マヨネーズは最高の調味料でもありますし、大人が食べても美味しいお寿司です。しかし、ダイエットをしている人にとっては注意が必要なお寿司でもあります。

例えば、ツナやコーンなどが乗っている軍艦巻きがあります。これは子供が喜ぶお寿司でもあります。このお寿司はマヨネーズを使い調理されているので、当然カロリーが高くなるのです。

そしてマヨネーズを使っている軍艦巻きは一般的にカロリーは高めで、回転寿司店によってもカロリー量の差はありますが、ツナサラダの軍艦巻きは約160キロカロリーから約180キロカロリーになるようです。

しかも、お寿司2個でこのカロリーですから、相当なカロリー量となります。意外とカロリーが高いと思われる寿司ネタにシメサバがあります。シメサバを作る時に使うお酢などの調味料によりカロリーが高まるのです。

サバ自体はそれほどカロリーは高くなくても、シメサバにする事でカロリーが高まるのです。と言っても、シメサバのカロリーは2個で約130キロカロリー程度ですので、先ほどのツナサラダよりはカロリーは控えめになります。

この他にも、ブリやはまち、ウナギと言ったネタもカロリーは高めとなります。ブリやハマチ、ウナギと言ったネタには脂が多く含まれているためカロリーが高いのです。同様に、ネギトロなども脂が多く含まれているネタの1つです。

ネギトロとなる中落ち部分の身というものは、脂を多く含む部分である事からもカロリーが高くなります。そして意外にも、納豆巻きや納豆軍艦もカロリーが高いのには驚きます。

鶏肉を使ったロールキャベツのダイエットレシピ

春先に取れるキャベツは柔らかく、このキャベツを利用した定番の煮込み料理と言うとロールキャベツがあります。特別春先のキャベツではなくても良いのですが、いち早く作りたい場合は、柔らかいキャベツの方が都合が良いのです。

ところで、ロールキャベツには挽肉を使います。この挽肉は絶対に合い挽きでなければ駄目、豚のひき肉でなければ駄目と言う事ではありませんが、一般的なロールキャベツに使われるのは合い挽きのひき肉になります。

合い挽きの挽肉は、牛肉と豚肉の挽肉を合わせたものであり、お店によってはこの割合を加減してくれたり、予め割合が決められてパック詰めとなり売られています。

人によっては、その割合を自分で決めたいと言う事で、牛肉と豚肉のひき肉をそれぞれ購入し、家で挽肉を合わせるという人もいるのです。もし、ダイエット中の人がロールキャベツを作ろうとする場合、この割合はどうするのでしょうか。

ひき肉自体のカロリーは高めですから、牛肉を2で豚肉を8としても、牛肉、豚肉それぞれ5で合わせても、カロリー自体はそれほど変わらないものです。

因みに、牛肉の挽肉100グラムあたりのカロリーは約224キロカロリー、豚肉の挽肉の100グラムあたりのカロリーは約221キロカロリーです。牛肉も豚肉もほぼ同じカロリーとなりますが、ここで注目すべき点はそれぞれ100グラムでこれだけのカロリにーなるわけです。

挽肉に使う部位により、このカロリーの高さは変わるのですが、どちらの挽き肉もあまりカロリー量が変わらないのは意外な発見でもあります。イメージ的には牛肉の方が若干カロリーが高いのかと思っていたくらいですから。

ダイエットレシピとしてのロールキャベツでは、豚も牛肉も使いません。ダイエットレシピで使う肉は鶏肉のささみのひき肉などが一般的にようです。そしてダイエットレシピでは通常使うサラダ油を使わずに調理をしていきます。

カロリーを抑えられるものは徹底して抑えていくと言うやり方です。挽肉に、玉葱のみじん切り、お酒、片栗粉、摩り下ろしたニンニクを入れてよく混ぜあわせます。キャベツは下茹でし、そこに挽肉の材料を載せて巻いていきます。

通常はこの後ベーコンなどをまきつけますが、ダイエットレシピでは高カロリーのベーコンはご法度です。鍋に水を入れ、コンソメ、醤油、そしてローリエの葉を入れてロールキャベツを入れて弱火で煮ていきます。

約30分ほど煮込んだら、塩コショーで味を調えてからロールキャベツだけを取り出し、お皿に盛り付け、残った煮汁にトマトを入れて煮込み、最後に片栗粉でとろみをつけてロールキャベツにかければ完成となります。